読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鶴岡の『学び合い』日記

『学び合い』(2重カッコの"学び合い")の実践の奮闘日記です。

『学び合い』はやっぱり止められません・・・。

最近のことをけっこう長めに書きたいと思います。

 

今年は、4クラスの授業をもっています。

どのクラスでも『学び合い』のオリエンテーションを終えて、授業に入りました。

オリエンテーションでは、「Find!アクティブラーナー」のサイトの授業動画を生徒たちに見せ、私がどんな思いでこれから授業を行っていくかを語りました。

その動画を見せているときに、昨年度私の授業を受けてきた生徒もいました。

その生徒たちには、私の説明は昨年からしてきましたので、早速「課題をやっていていいよ」と言い、課題を渡しました。

案の定、黙々と課題に挑んでいました。

 

そして、授業が本格的に開始してから、約一週間が経ちましたが、やっぱり『学び合い』は止められません・・・。

そして、私には生徒たちを止められません。

スタートして、まだ一週間少しなので今の調子が良いのは当たり前なのですが、やっぱり生徒たちの勉強する姿に驚かされます。

 

『学び合い』をしていて思うことは、教師として2年目の私が、一生懸命教材研究をして、生徒たちの反応を予想して、指導案をこまめにつくり、授業準備を毎日深夜遅くまでして、眠いのを我慢して、生徒たちの前では作り笑顔をたっぷりとして、最高の授業をしたとしても、きっと大部分の生徒は「分かったつもり」になれるかもしれませんけど、「分かる」ことはできないんだろうなと思います。

 

あの1時間で、あれほど脳みそに汗をかかしてやることは、私一人の力では、絶対無理です。

この一週間の生徒たちの姿を見ていたら、『学び合い』を続けざるを得ないとうか、私が教えなくても本当にすごい力をもっていると実感させてくれるので、止められないと思います。

 

先日、中学校3年生では、「展開の公式」の授業をしたんです。

昨年度もでしたが、「先生が公式のつくりかたを教えなくても大丈夫なの?」と同じような質問を受けていました。

そのような数学の本質的な部分は、教師が教える必要があるのでは?という疑問が、他の数学の先生が思うのは当然のことです。

正直、私もまだ日が浅かったので、自信のいく表情で「Yes」とは言えませんでした。

でも、一昨日、生徒達が教科書を開いて「展開の公式」が面積を用いて上手く説明できることに気づいている姿を見たときに、改めて「子どもたちは有能である」ことを実感しました。

ものすごい、感動した様子でした。

もちろん、クラスで大声で「こんなことに気づいているグループもありますよ!!!」と全体に向かって言いました。

それを聞いて、何人かが動き出し、そしてその何人かを見た何人かが動き出し、そしてまたその何人かを見た何人かが動き出し・・・、です。

だから、私は生徒たちを信頼することができています。

 

そして、もう一つ、『学び合い』を止められない理由は、授業の進むスピードがものすごい速いことです。

3時間(30分のオリエンテーションも含む)で、教科書は10p進みました。

中3の数学の先生方、いかがですか?

少なくとも、遅くはないと思います。

よく「アクティブ・ラーニングしたいけど、授業時数が足りないからできないんだよな~」という声を聞きます。

私としては、むしろ「アクティブ・ラーニングだから、授業が進むのが速い。」「『学び合い』だから、授業が進むのが速い。」という感覚です。

よくアクティブ・ラーニングをしたい先生方で誤解されていることの1つとして、「教科の目新しい特別なことをグループ活動を取り入れてしなくちゃいけない」と感じていることもあるのかなと感じています。

教科書をみてほしいです。

生徒たちが学習する内容は、教科書に書いてあることです。

だから、特別なことをする必要はないのだと思います。

学ぶ内容は変わらないこと、今回の学習指導要領の改革は「学び方改革」であることを本当の意味で勉強をしていかなければなりません。(私も含めてです。)

 

 

まあでも、今上手くいっているのは最初だからです。

これからマンネリ化も訪れます。

そこからだと思います。

一年を見通していきたいと思います。

 

『学び合い』は、止められません・・・。

 

数学のオリエンテーション

数学のオリエンテーションを各学年でやっています。

オリエンテーションをするクラスは、昨年度私が授業をもっていた生徒も何人かいます。その生徒たちには、課題を与えて、「もうやっていていいよ。変わらないから。」とだけ伝えました。

それ以外の生徒には、私の数学の授業における考え方を説明します。

Findアクティブラーナーの『学び合い』授業者の動画を見せてから、説明しています。

やっぱり効き目は絶大です。

そして、何よりも昨年度に私の授業を受けていた生徒たちが良い流れをつくっています。

集団を引っ張っている姿が非常に頼もしく感じました。

 

昨年と違うところは、課題をシンプルに削った点と、評価の説明をしっかりと入念にした点です。

果たして、どう変わるか・・・。

楽しみの1年の始まりです。

文脈依存性について

私は今年、時間割担当になりました。

2年目ということで、かなりの大仕事であることを最近になって実感しています。

ブログの更新が滞っていたのも、そのせいです・・・。(言い訳にしている自分が情けないです。)

大規模校で、約20クラスあります。

教職員も50人も越えています。

その中での時間割なので、とても難しいのです。

そして、その時間割担当は、理数系の先生方なのです。

数学の先生、そして理科の先生で頑張ってつくっています。

恐らく、理系だから、上手に時間割の当てはめができるだろう、と安易に考える人もいると思います。

でも、「時間割の作成は理系の先生が得意だ」ということを実証している研究を私は聞いたことがありません。(もしあったら紹介してください)

何よりも、文脈依存性(領域固有性)に引っかかります。

数学の先生だからといって、時間割を上手に手際よくつくれるはずがありません。

それを他の先生方にも分かってほしいと思っています。

 

今年は卒業担任です。

いろいろと準備をしています。

私のクラスの教育目標は「一人も見捨てない」です。

それをもとに清掃、給食活動をスタートしています。

やりたいことがたくさんありますが、準備をする時間が中々ありませんでした。

明日は、来週から始まる授業のオリエンテーションの準備をしようと思います。

とても色々と考えて準備をしています。

本の通り、『守』を心がける『学び合い』2年目でありたいと思います。

一言だけ…

時間割終わりません。

大規模校、こうやって時間割組むんですね。

疲れました。

わくわく

新学期、はじまります…。

子供みたいですが、不安と期待でいっぱいです。

悩んだ末に・・・

学級の初発指導の資料を考えていました。

まず、初発指導では「こうしたら良い」というものはありません。

そのような学術研究があったらぜひ教えてほしいです。

そういうことを考えると、やっぱり『学び合い』の考え方にたどり着きます。

悩みに悩んだ末に、私の学級のたくさんのルールを決めたりするなどの基本方針は以下のようなものになりました。

 

1.誰一人見捨てず、毎日楽しく学べるクラスを実現する。

2.みんなが納得するルールを決める。

3.「1.」と「2.」を全員が守る。

 

です。

西川先生の教室ルールづくりの本も参考にしました。

校長先生の出す学校の方針と同じように、私も学級の方針を出しました。

そして、各活動において、絶対に守るべきこと、達成すべきことを最初に生徒に伝えたいと思っています。

 

あとは、みんなに任せます。

できると信じているからです。

学級の係活動の方法を考えれば、考えるほど、対処療法であることがわかります。

クラスに最低限必要な係は私が設けますが、それ以外は生徒たちに任せようと思っています。

私がいなくても生活できることを想定してつくりました。

2年目になって、思うことは去年自分が全く分からなかったことが分かります。

そして、学校の仕組みも理解できました。

このことを考えると1年経って成長したと言えると思います。

でも、初任というのは守られていたと感じています。

仕事がどんどんきます。

そして、その1つ1つの仕事をこなして、学校は動いているのだなと実感しています。

そして、何よりも「折り合いをつけて自らの課題を解決する」ことを強く実感しています。教師集団も同じなのだと思っています。

もっと、年数を重ねれば成長していくわけではありません。

日々の努力が必要だと思っています。

 

そこで、努力とは言いませんが、次のことを毎日します。

1.どんなときも6時10分に起きる。

2.動画で息抜きはしない。

3.本を読む。

これを毎日します。

本当はブログも毎日更新すればよいと思うのですが、私としてはブログは自分の考えを精緻化するために書いています。

「相手が本当に納得する説明できれば分かったと言える」と私は数学の授業でも思ってますが、それは自分自身についても言えます。

だから、本当に分かっているかどうかをブログで書き留めて更新しています。

 

もう少し初発を考えます。

そして、授業の計画についてもです・・・。

 

来年度に向けて

来年度に向けて、自分にプレッシャーをかける意味で書きます。

目標

①『学び合い』の仲間を山形で増やす。

②『学び合い』の考え方で数学の授業を引き続き行う。

③『学び合い』の考え方を学級経営などに活かす。

④『学び合い』の会を開く。

 

明日、学校があります。

その時に、学年などもわかるはずです。

どんなクラスでも、どんな学年団でもいいです。

折り合いをつけて、自らの課題を解決できるように、まずは自分がなれるように頑張ります。

そして、春休み中何冊か本を読みました。

一番深く読んだと思うのはこれです。

 

 クラス開きで委員会や当番・係活動を決めるわけですが、とてもためになりました。

そして、「どういう係を決めようか?」「こういう係を決めれば、こう動くけど、こういう生徒はどうしたらよいかな・・・?」「どういうシステムにしようか?」などを考えることがどれほどバカらしいのかが分かります。

その考えていたのは方法なのでした。

方法は対処療法です。

『学び合い』は根治療法です。

私は根治療法を選びます。

でも、そういうルールについても『学び合い』の文化のあるクラスにしていくためにも私自身の『学び合い』の考え方を確固たるものにしておく必要感というかあせりが生まれました。

給食活動については、決まってあります。

あとは、清掃活動と学級の係活動です。

絶対に揺るがない部分を考察して新学期に備えます。

 

もう初任ではありません。

時間のない言い訳はいくらでもできます。

教師という職業はまさにそうだと思います。

勉強を続けることに意味があると思うので、毎日同じ事を継続して行っていきます。