『学び合い』日記 in山形県

『学び合い』(2重カッコの"学び合い")の実践の奮闘日記です。

田舎のヤンキー

これは僕が思うことです。学術的根拠はありません。でも『』の考え方だから思っていることかもしれません。 僕は自分で言うのも何ですが田舎の出身です。 僕の田舎では、正直近づきたくないような人がウロウロしていることもあります。 実際、夜のドン◎ホー…

バランスが課題

「一人も見捨てない」は本来面倒くさいことだと思います。 絶対に「徳」では動けません。(動き続けません。) だから、「得」を説く必要があると思います。 今までは説き方の方法を考えていました。 でも、最近は違います。 どんな説き方でも、その説き方の背…

山形『学び合い』の会を終えて

だいぶブログの更新を滞っていました。 先日の『学び合い』の会を無事終えることができました。 収穫と課題とどちらもありました。 個人的には、もっとフリートークの時間をとって参加者全員とお話できる機会があればと思っていました。 そこが1つの反省点…

先を見通した課題の設定

成績付けの時期です。 本当に嫌です。 そもそも生徒たちの頑張りに数字で評価することが良いのかも疑問に思えます。 まだ今年度は終わっていないですが、来年やりたいことがたくさんあります。 生徒たちに評価の方法を伝えたと書きましたが、完璧ではありま…

生まれた日

今日は誕生日です。 24年前の19時36分に生まれたと母親から連絡が来ました。 「ありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えました。 たくさんの方々との出会いのもとで生きています。 妻からもお祝いをしてもらいました。 生徒たちに幸せになってもら…

「一人も見捨てない」の勘違い

『』をやっていて一番怖いのは勘違いです。 どんな勘違いかというと、「一人も見捨てない」の勘違いです。 まず1つは「一人も見捨てない」を方法として考えてしまう間違いがあると思います。 私もまだ覚えていますが、この『』の授業をスタートしたときの授…

教師と子どもは同じ

資質・能力を最大限に引き出す! 『学び合い』の手引き ルーツ&考え方編 作者: 西川純 出版社/メーカー: 明治図書出版 発売日: 2016/08/04 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る この本はもう4,5回は読んでいるバイブルです。 『学び合い』が上手…

「一人も見捨てない」の原点

先日の金曜日に中学校時代に2年、3年と担任して頂いた先生とご一緒にお酒を飲む機会がありました。 いわゆる恩師の先生です。 僕は『学び合い』に出会って、本を読んでいるとき、批判的に読み進めていても、なぜか納得する部分が多かった人です。 というか、…

疲労

今週は臨時の時間割も入り、授業数がいつもの週より多く、疲労がものすごいです。 でも、それ以上に生徒たちも定期試験の前でかなり疲れていると思います。 それにしても、『』の授業をしていて思うのですが、生徒たちはよくそんなに頑張れるなと思ってしま…

初任の1学期に一番悩んでいたこと

恥ずかしいですが、初任の1学期に一番悩んでいたことを書きます。 それは一斉授業において、「プリントで授業するか」「ノートで授業するか」です。 これを見て、本当にくだらないと思う人もいると思います。 でも、私はこれを本気で悩んでいました。 大学の…

【独り言】~何事もコツコツと~

「継続は力なり」 と言いますが、最近そのことの大切さを実感しています。 いかなることがあっても、何かを続けることというのは本当に難しいことです。 でも、その小さな積み重ねが大きな財産になるんだろうなと思います。 頭の中で、しっかりと考えてアウ…

教材観

今日は教科担任者研修会がありました。 その中で、高校の恩師と話す機会がありました。 実は最近、ある高校の先生方が私の『』の授業を身に来られました。 その高校には、私の高校時代の恩師の先生もいらっしゃいます。 そして、今日いろいろなことを話しま…

高校に行ったら不安です。

今日、生徒からこんなことを言われました。 「私、先生から2年間、『学び合い』の授業を受けてきました。でも、高校に行ったらこの授業ってやってるんですか?この授業じゃないと、きっと分からないままになってしまうので、本当に不安です。」 口調は変えて…

読書メモ①

齋藤孝さんの「大人のための読書の全技術」 大人のための読書の全技術 作者: 齋藤孝 出版社/メーカー: KADOKAWA/中経出版 発売日: 2014/07/31 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (9件) を見る 最近は意識的に、読書のための本を読むようにしています。 …

1人ひとりが伸びるには

最近の悩んでいることの1つに課題づくりがあります。 もうこれは永遠の課題だと思っていますが、でも、去年とは違います。 去年は、どんな課題でも全員達成を求めていました。 でも、夏のフォーラムでT先生からご指摘を頂いたことの1つとして、本来それは…

思いを伝えきった合唱コンクール

今日書きたいことは2つあります。 ①「証」という曲について ②『学び合い』の考え方で行った合唱コンクールの取り組みについて 以上を整理しながた書きます。 あくまでも今の私の思考の整理という形で書きたいと思います。 ①「証」という曲について 「証」作…

合唱コンクールの最優秀賞は目標であって、目的ではない

『』の考え方で学級経営をして約7ヶ月経ちました。 明日はいよいよ合唱コンクール本番です。 去年と違うことは、目的が最優秀賞ではないことです。 去年は皆で最優秀賞を目指して頑張っていこうという雰囲気でした。 でも、今年は違います。 みんなで良い合…

『学び合い』の考え方で学級経営をして最近分かってきたこと

『』の考え方で学級経営をして最近分かってきたことがいくつかあります。 ①生徒たちで規律を正せるようになること 4月から7ヶ月になりますが、「ダメなものはダメ」ということを自分たちで正せるようになることが多くなったと思っています。 例え、集団が…

きました

きました。 読みます。

同僚の先生方に恵まれていること

最近、本当に思うことは同僚の先生方に本当に恵まれていることです。 管理職の先生をはじめ、学年団の先生方や同じ教科の先生方、50人以上の先生方がいるこの環境を本当に幸せに感じています。 分からないことがあったら、いつでも聞ける環境にいることが…

山形『学び合い』の会

kokucheese.com 西川先生の方からも告知して頂きましたが、12月9日に『学び合い』山形の会を開催します。 日頃の実践の悩みや成果、そして何よりも児童・生徒の活躍を話せる機会になればと考えております。 当日の人数は20名先着となっていますが、それ…

行動を褒めることの難しさ

最近『学び合い』の授業を上手くいっていたと考えていた自分が、まだまだ甘いということを生徒たちから気づかされました。 「行動を褒める」 これはものすごく大事なことだと本当によく分かりました。 クラスの全員達成に向けて、誰かの説明を聞いたり、説明…

独り言(本に書いてあること、あなどるなかれ)

最近の失敗が言葉かけ1つで変わる。 それが『学び合い』です。 そして、それを生徒が感じ取ってくれる。 油断できません。 そして、教師のすべてがでる授業が『学び合い』ですね。

最近の失敗(「褒めること」)

最近の『学び合い』の状況がどのようなものなのかを記述します。 どのクラスも一生懸命頑張っている状況です。 しかし、一方で中だるみが徐々に見られているところです。 大阪でK先生がおっしゃっていたように、本当にこの「船」を1年間を通して沈まないよ…

悩みごと

悩み事がつきないこの1年間です。 だからこそ、本を読みます。 本を読むことで得られることはたくさんあります。 そして、また悩み事が生まれます。 この連続なのかな~と思っています。

『』の会の予定

12月9日(土)に『学び合い』山形の会を寒河江市で開催する予定です。 明日改めて会場に連絡をして、正式に告知します。 寒河江市はちょうど沿岸と内陸の真ん中にあたる場所です。 そのために仲間と相談して決定しました。 気を楽にして開催したいと思いま…

独り言(後輩の野球の試合の応援)

2つ下の後輩の応援に行ってきました。 リーグ戦の最終戦でした。 4年生にとっては引退の試合です。 私はちょうど2年前に経験していました。 これが中々泣けます。 今まで小学校から本格的に練習に励み、プレーしてきた自分とお別れをするんです。 私も2…

中だるみは自分自身から

私は『学び合い』の授業で、集団が中だるみをしている時は常に自分を振り返るようにしています。 生徒は教師の鏡である。 この言葉は本当だと思っています。 私が元気がなければ、生徒たちも元気がないように思えますし、私のやる気があるときは生徒たちもや…

生徒だけではない!!!!!

headlines.yahoo.co.jp 最近、働き方改革が大きな話題となっています。 内田先生の記事は論理的で、部活動問題を本当に冷静に分析していて、本当に勉強になります。 部活動が好きになる理由分かります。 だって、日々のクラスでは言うことが聞かない生徒が部…

独り言:『学び合い』集団になるために・・・

大阪のフォーラム以来、『』の授業のことはもちろんなのですが、それ以上に私自身を客観的に見るようになったと思います。 私が職員室でどのような雰囲気をつくっているか。 そして、私自身が他者と折り合いをつけているかどうか。 そこを大切にしています。…