読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鶴岡の『学び合い』日記

『学び合い』(2重カッコの"学び合い")の実践の奮闘日記です。

本気で話せる良い仲間

昨日、山形市山形大学で市川研究室現職研究会で様々な討論をしてきました。”学び合い”についてです。

私も『学び合い』の実践を報告してきました。

4月から教師生活をスタートしてから、今までの間に実践、苦闘してきたことをさらけ出してきました。

今少し、心の中のもやもやが晴れた気持ちです。

そこで話題になったのが、『ものの見方考え方です』。

これって一体何だろうと改めて考えさせられました。

今の『学び合い』の授業で、生徒は本当にいろいろな姿を見せてくれています。

そのたびに、すごいなって思うし、課題を解決していく姿に私は感動を覚えています。

でも、本当に数学的な見方・考え方って身についているんだろうか?ってことが今とても不安になっています。

そこで、問題になってくるのが「数学的な見方・考え方」って何?ってことです。

まだまだ、勉強不足。

でも、本気で議論できる仲間がいて本当によかったと思います。

市川研究室、最高です。

また改めて、山形県数学教育のために力を注いでいきたいと感じました。