読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鶴岡の『学び合い』日記

『学び合い』(2重カッコの"学び合い")の実践の奮闘日記です。

評価

有言不実行です。

ブログの更新を滞ってました。

弱い自分に反省です・・・。

先日初版発行された「アクティブ・ラーニングの評価がわかる!」を読みました。

まず、この本を読み終えての感想。

「俺は今まで何をやっていたんだ!怒」

という自分自身に対する怒りでした。

『学び合い』の方法だけにとらわれ、「評価」を軽くみていたこと、生徒たちへの申し訳なさ、もう反省するしかないという気持ちです。

「子どもたちは有能である」

自分の軸としていたこの言葉も綺麗事に聞こえてきました。本当に自分に情けなく思います。

評価の基準を生徒に伝えてはいますが、恐らく全員が評価の基準をしっかりと説明できるか?と言われるとそうではありません。

生徒たちが目標をもって、主体的・協働的に授業に臨むのに、その評価基準を明確にしていなかった自分に腹が立ちました。

私の持っている1つのクラスでは『学び合い』が滞っています。もしかしたら、評価を上手く伝えていなかったことが1つの原因なのかもしれません。

私の説明がそのクラスの生徒に伝わるような中身だったかは疑問が残ります。

究極的には、全員が評価方法を知っていなければいけませんでした。

反省します。

明日からの授業で生徒に謝ろうと思います。

このブログを読んでいる皆さんにも謝ります。

評価を甘くみていました。

大変申し訳ありませんでした。