『学び合い』日記 in山形県鶴岡市

『学び合い』(2重カッコの"学び合い")の実践の奮闘日記です。

エキスパートになりたい。

『学び合い』は考え方ということが最近、何となく分かってきました。というか、私は初任の身ですが、考え方が『学び合い』なのだと実感しています。

 

先日の授業研ではたくさんの成果と課題がありました。

授業研いらい、色んな教科の先生方から質問を受けます。

授業の時に、丸写しをする生徒はいないのか。おしゃべりはないのか。

(初任者の身で)この授業形態が成り立っていることが信じられない。

学力は保証できているのか。

すべて、私が西川先生の『学び合い』の本を読み進め、実践してわずかのときに存在した疑問です。

「なるほど!」と思い出します。

今では、エキスパート・ノービス研究も私の頭の中では、本当に納得するものとして残っています。(私はまだまだ熟達していませんが)

私の考え方は『学び合い』です。だから、今の授業で納得しています。

ですが、他の先生方は疑問に思うことがたくさんあるようです。でも、その疑問については私は考えなくなっています。質問を頂いて、思い出します。

その度に、勉強させていただいています。

「ああ、そういえばそんなこと考えていたなあ~」

でも、まだ思い出せるのです。

まだまだ、エキスパートではありません。

思い出せなくなるときが来てほしいです。

 

それと、他の先生方からの質問は「方法」が多いです。

 

ぜひ、『学び合い』の本を読んでほしいです。

今の私は「方法」にはしるだけでは絶対に上手くいかない自信があります。

これは本当に自信をもって言えます。「方法」だけでは、必ず上手くいきません。

だから、毎日数ページは『学び合い』の本に触れるようにしています。

本当は、そんなことしなくても『学び合い』の考え方が100%浸透して欲しいですが・・・。

勉強あるのみですね。