読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鶴岡の『学び合い』日記

『学び合い』(2重カッコの"学び合い")の実践の奮闘日記です。

仲間

鶴岡に帰るいなほで書いています。

この2日間上越教育大学の西川研究室にお世話になりました。

本当に素晴らしい研究室で、学生さんの皆さん、一緒に研修に来た皆さん、そして西川先生にはたくさん勉強させていただきました。

本当に本当にありがとうございました。

 

個人的な一番の収穫は仲間ができたことです。

この2日間は『学び合い』が当たり前の環境でした。だから、『学び合い』の悩みやアクティブ・ラーニングについて、当たり前のように話せました。

その中で、まだまだ勉強不足であることも痛感しました。そして、何よりもそういった『学び合い』を実践されている学生、先生方と関わりをもてたのが本当に嬉しいです。

振り返って、今まで動画と本だけで、自分が実践してきたことは間違いではないことを確信しました。そして、本に書いてあることは本当のことです。膨大な学術データに裏付けられていることもわかりました。

これからも、自信をもって実践していきます。

ただし、それについては自信をもっても過信せずにいきたいと思います。

 

きっと、明日から現場に戻ったら、また授業中に新しい問題が出てくるんだろうと思います。

ですが、『学び合い』は方法ではなく、考え方でした。その根本を大切にしていきたいと思います。

 

鶴岡に『学び合い』を実践されている先生がいることを信じて探してみます。

そして、2人から鶴岡で『学び合い』の会を開きます。

 

昨年の4月から2月の今まで、生徒からたくさんのことを勉強しました。

今の私の教師は生徒たちでもあります。

残り少ない期間、今担任、教科担任している生徒たちの幸せのために頑張ろうと改めて思いました。

 

p.s.西川研究室にマフラーを忘れました。本当にすいませんでした。