読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鶴岡の『学び合い』日記

『学び合い』(2重カッコの"学び合い")の実践の奮闘日記です。

学校生活での考え方

私は学校が楽しいです。

『学び合い』を実践する前の1学期は、「生徒から好かれたい!」と思っていました。

恩師の中学校の先生は私にたくさんの力を注いでくれました。(自分で言うのも何ですが・・・)

私は中学校時代は、いわゆる「リーダー」でしたし、学校の考え方にピッタリ当てはまる生徒でした。

だから、先生方にとっては「先生の味方」の生徒でした。

その考え方のまま、現場に出ました。

その恩師のような先生になりたいと思い、現場に出ました。

だから1学期は、中学校時代の私と同じような生徒と話し、問題のある生徒をどうするかを考えたりしていました。そして、クラスの「リーダー」に、主に力を注いでいたと思います。

 

今の自分は、そんな1学期の自分を愚かに思います。

「生徒から好かれたい!」の生徒とは誰だったのでしょうか?

それが1番の疑問です。

生徒という生徒はいません。それが欠けていました。

だから、それに納得した今は新しい教師像をもっています。

それに近づけるように頑張ります。