読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『学び合い』日記 in山形県鶴岡市

『学び合い』(2重カッコの"学び合い")の実践の奮闘日記です。

【失敗したこと】課題作りについて

今年度『学び合い』でたくさんの失敗をしましたが、その中で課題作りの失敗例で1つあげます。

それは入試問題を考慮していなかったことです。

明日、中学2年生は実力テスト(入試に準拠したテスト)が行われます。

1学期は一斉授業。2学期から『学び合い』をスタートし、目先の定期テストや学力状況調査の問題を上手く扱い、課題作りをしていました。

しかし、中学生にとっては入試が1つの大きな山になります。

その山形県の入試問題を課題に含めていなかったことを反省しています。

評価の観点からすると、目先の定期テストや県の学力調査問題、そして全国学力状況調査があります。

そして、何よりも入試の問題があるのです。

ここは生徒たちに誤った点です。

これは最近感じていることなのですが、生徒たちはもう嫌でも勉強します。

生徒たちが勉強しないことはほぼありません。(もちろん生徒は全員です。その日その日の生徒の状態、個人差はありますが・・・。)

だから、教師として、その集団が向かうベクトルを整えてあげなければなりません。

そうではないと、間違った方向へ進んでしまうからです。

1本間違ったベクトルを設定していました。

ここは来年度、本当に間違えられないことです・・・。

中学1,2年生で良かったと思います。

 

『学び合い』をスタートしてから、一番大切に思うことは、「先を見通す」ことの重要性です。

私は、常に一週間分の課題を土日に用意しています。

大阪の福島先生は二週間先を見通しているようですが、私はまだまだです・・・。

初任でなかなか課題のストックもないのですが、土日は教材を吟味してその週の授業予定を確認しています。

けっこう時間が取られますが、楽しい時間です。

先日、上越にお邪魔したときに、木花先生の英語の『学び合い』を生でみました。

私が見た点は、「生徒の表情」「生徒に配布した課題」「生徒に配布したオリエンテーション資料」「生徒に配布してある月の授業予定表」です。

 

もうこれらを見ただけで、私に何が足りないかが一目瞭然で分かりました。

来年度の準備をし始めているのですが、授業計画を念入りに立てています。

よく単元計画とか、授業計画とか、学習指導要領をよく見ろとか言われますが、『学び合い』をはじめると、本当にそれらを見ないと崩れます。

本当に崩れます。自信をもって言えます。

 

私は『学び合い』にこれで失敗し、これで乗り越えました。

私は『学び合い』にこれで失敗し、これで乗り越えました。

 

 

 

 この2冊が最近届きました。

読み進めます。

 

生徒にも良く言いますが、「継続あるのみ」ですね・・・。