『学び合い』日記 in山形県

『学び合い』(2重カッコの"学び合い")の実践の奮闘日記です。

【うらやましい・・・】中学時代の友達は今・・・

中学時代の友達が今どこで何をしているかが実はよく分かりません。

私が中学校の教師を目指そうと思ったのは、担任の先生に憧れたからです。

その恩師の先生には感謝の気持ちでいっぱいで、感謝の言葉を何で表せばよいか分からないくらいです。それくらい、お世話になりました。

でも、今、私は中学時代の友達とつながっていないのです。

 

弟について少し話します。

弟は先生には恵まれないできました。(失礼な言い方ですが、弟が言ってます。)

でも、弟は中学時代もそこそこ楽しく過ごしてきたと話は聞いてます。

私とは違う中学生活だったと思います。

でも、友達には恵まれているようです。

中学時代の友達とは、今でも連絡を取り合っているのです。

今の私は中学時代の友達とは、連絡は取り合っていません。

あんなに楽しかったのに・・・。

 

この違いがなぜなのか、正直分からないできました。

というより、気にしないようにしてきました。

でも、私の心の中ではうらやましい気持ちでいっぱいでした。

 

今では分かります。

なぜこのようなことが起きているかが。

 

『学び合い』の本で記述されていることの当事者の一人が私だと実感しています。(全部が当てはまるわけではありませんが・・・)

 

西川先生の言う、10年後、20年後の意味がわかります・・・。

あと1年したら、教師を目指そうとした中学3年生の私から10年経ちます。

 

20年後したら、どんな気持ちなのか気になります。

 

とりあえず、弟がうらやましい・・・。