『学び合い』日記 in山形県鶴岡市

『学び合い』(2重カッコの"学び合い")の実践の奮闘日記です。

教職員間の『学び合い』

今、考えていることは教職員間の『学び合い』です。

今の立場で何ができるのか。

長者中学校の実践を読んで、改めて思います。

凄い、本当に凄いです。

この本を読むのは2回目なのですが、

春に読んだ時とはまた違う感覚です。

 

私は、昨年度のちょうど今頃、一学期のボロボロだった定期テストの結果を振り返って、どうやって点数を上げればよいかを考えていました。

でも、今はもう校内の定期テストの順位どうこうではなく、学校として、県や全国の学力テストの点数をどう上げるかを考えています。

そのためには、教職員間の『学び合い』が不可欠です。

学力はくだらないものだと思いますが、でも、生徒たちの幸せのためには求めなければいけません。

 

それを考えています。

昨年度とは違う悩みです。

悩みは変わります。

今年、長者中学校に行ってみたい…。