『学び合い』日記 in山形県鶴岡市

『学び合い』(2重カッコの"学び合い")の実践の奮闘日記です。

学校で自分がどういるべきか

 

開かれた『学び合い』はこれで成功する!

開かれた『学び合い』はこれで成功する!

 

 この本の前に出ていた2冊は読んだことがあったのですが、この本ははじめて読んでおります。

その中の第1章を読み終えての感想を書きます。

 

まず、今の自分の悩みにピッタリのことが書いてありました。

職員室で私はどういるべきか?

この部分を最近は本当によく悩みます。

 

昨年度の2学期は、『学び合い』を実践していて、とにかく毎日の授業を振り返りながら勉強をするので精一杯でした。

だから、本もものすごい勢いで読みましたし、きっと受験のとき以上に吸収もしました。何よりも私の教育に対する考え方自体が『学び合い』でした。

 

そして、1学期が終わって夏休みに入ったこの頃。

学校内には『学び合い』に興味をもってくださる先生が増えました。

それと同時に、お話を聞く限りなんちゃって『学び合い』を実践する先生も多いです。

だから、AL型学習というテーマで実践を学校としてすすめているものの、中々壁にぶつかることも多いように思えます。

経験のある素晴らしい先生は、自分の経験を織り込んで授業作り考えます。

ですが、『学び合い』は「守」に入らなければほぼ失敗してしまいます。

そのことを最近、すごく悩むようになったのです。

『学び合い』の考え方における授業創りが成功して、達成感を得られる先生方や幸せになる可能性を秘めた生徒を増やしていくためには、どうしたら良いのかを考えているこのごろでした。

 

そして、その悩みに対するヒントがすべてありました。

職員室を教室だと考える。

そして、さらに、私自身が生徒だと考える。

そして、実際のクラスを想像しながら、『学び合い』の考え方で職員室にいる。

このことが大切なのだと気づきました。

さっそく、明日から実践したいと思います。

そして、阿部先生と水落先生が提唱している「目標と授業と評価の一体化」も勉強してみたいです。というより、『学び合い』もですが、すべて授業レベルではなく、日常レベルで考えることが大切なのだということに気づかされます。

まだまだ勉強不足です。

勉強に終わりはありません。

研究に向けて、勉強を続けていきたいと思います。