『学び合い』日記 in山形県鶴岡市

『学び合い』(2重カッコの"学び合い")の実践の奮闘日記です。

『学び合い』の考え方で学級経営をして最近分かってきたこと

『』の考え方で学級経営をして最近分かってきたことがいくつかあります。

①生徒たちで規律を正せるようになること

4月から7ヶ月になりますが、「ダメなものはダメ」ということを自分たちで正せるようになることが多くなったと思っています。

例え、集団が少し気が緩みがちになっても僕が一言個人ではなく、集団に向かって語るとクラス集団で正そうとします。

そして、生徒達が気が緩みがちになっているときは、だいたい担任である僕も気が緩んでいる時だと分かります。だから、自分自身を正す意味でも校歌があります。

去年までの僕だったら、クラスが緩む原因を作っているその生徒を叱責して終わりだと思います。

そこが去年とは違い、学級経営でもマシになった部分だと思います。

 

②よりシンプルに考えられるようになったこ

去年の4月。

初任でいきなり担任になった僕はとても焦っていました。

何で焦っていたかと言うと、「係・当番」です。

僕が中学校時代に当たり前にしていた活動を今度は自分が担任として生徒達に活動させることを考えたとき、「上手く機能するだろうか?」と考えました。

本当に今考えると小さいことをくよくよ悩んでいたのですが、去年は必死でした。

『』の考え方で「係・当番」を考えると、必要ないです。

1つ例を挙げると、給食活動です。

私の学校では給食活動は何時何分まで盛りきり、着席して「頂きます」、そして「ごちそうさま」をして、片付けが何時何分まで、と決められています。

だから、守るべき点はそこです。

それ以外は各担任の自由になっています。

だから、私は4月の最初に以下のように説明しました。

「みんなの学校の教育目標は◎◎です。この目標を達成するために、給食活動では盛り付け以外当番を決めません。盛り付けは衛生上の問題があるので、各週ごと交代はします、それ以外はみんなで周りを見て動いてください。目標は◎分までに全員の机に配膳されている状態で、「頂きます」をすることです。」

このようにして給食活動をスタートしてから7ヶ月。

きっと、「このやり方だと、手伝わない生徒もいるのでは?」と思う人もいると思います。

答えはYesです。

でも、それは集団の状態を顕在化させただけです。

だから、この「手伝わない生徒」を変える必要があります。

そして、それは集団の力が変えてくれます。

実際、4月は全然働かなかった生徒が、積極的に働くようになり、細かいところまで目が行くようにもなっています。

もちろん、僕は何もしていません。

 

③行事ごとで規律を正す力があること

合唱コンクールをイメージしてください。

女子が男子に向かって「もっとしっかり歌って」という図は想像できますか?

また、全然歌ってくれない生徒に教師が力を尽くす図は想像できますか?

合唱コンクールの通し練習が終わるたびに、集団がダラダラしてしまい、正すのに時間がかかってしまう図が想像できますか?

実はこれは去年の自分でした。

『』の実践はスタートしていたものの、やはり時間というのは大きいです。少し遅かった部分もありました。

今年のクラスの強みはここだと思っています。

もちろん3年生ということはあります。

でも、自分たちで修正していく力がとてもあると感じます。

 

もっとたくさんあるのですが、この3点を挙げました。

他の点で気づいたことはブログで頭の整理として使っていきます。

 

そして、最近あまり投稿できず申し訳ありませんでした。