『学び合い』日記

『学び合い』(2重カッコの"学び合い")の実践の奮闘日記です。

田舎のヤンキー

これは僕が思うことです。学術的根拠はありません。でも『』の考え方だから思っていることかもしれません。

 

僕は自分で言うのも何ですが田舎の出身です。

僕の田舎では、正直近づきたくないような人がウロウロしていることもあります。

実際、夜のドン◎ホーテの駐車場とか、花火大会とか、海とかでそういう人を見かけるときがあります。

あと、僕の中学校時代の知り合いだったりもしますし、中学校時代の隣の中学校の悪いやつだったりもします。

それを見ると、僕は正直近づきたくないと思ってしまいます。

 

でも、こういう気持ちをもつことはダメだと思うように最近なりました。

 

ある生徒指導の件がきっかけです。

あきらかに、学校の問題行動を起こすボスです。いわゆる学校の教育にフィットしない生徒のことです。

もちろん、手をやくと思います。教師として近づきたくないと思ってしまうこともあるかと思います。

でも、「あいつには近づくな」とか「あの生徒は省いて、良い学年にしよう」とか、そういう教師に従う生徒を率いて、教師には従わない生徒は何とか力尽くで言いなりにしようとする。そんなことをするから、いわゆる田舎のヤンキーが生産されてしまうのかと思います。そして、その田舎のヤンキーの団結力はすさまじいです。

西川先生の本に書いてある「教師の再生産」に似ていると思っています。

だから、この件をきっかけに地域での「一人も見捨てない」を考えました。

 

まだ、全然実践できる立場でも計画も何もありません。

でも、地域で「一人も見捨てない」ことを求められたらどれほど救われる生徒たちがいるかを考えてしまいます。

僕の知り合いにも、いわゆる警察のお世話になっている人も実際います。

でも、その知り合いなりの抵抗なのだと思います。

 

正直言って、生徒たちの中には、勉強どころではない生徒もいます。

家の状況的に勉強をしている場合ではない、1次関数を勉強している場合ではない生徒たちもいます。

今まで知らなかった中で、僕は数学の授業でどのようにして、数学の本質的な内容、数学を創る授業をするかを考えていました。

もちろん、それが実践できる学校もあると思います。

でも、そうでない学校の方が多いと思います。

 

ALの方法論ばかりに気をとられていると、奥の深い部分を見失ってしまいます。

Why?を考えると、道筋が見えてきます。

 

タイトルを「田舎のヤンキー」と付けている時点で、きっと僕は「仲間」とは考えていないんだと思います。書きながら思いました。認めたくなかったけれども、タイトルはそう付けました。

 

田舎では子どもたちはSNSを介して、想像以上に繋がっています。

どんな社会が来ても、地域で支え合って生きていける「良い」つながりになるようにしていきたいとますます思ったわけでした。

以上です。