『学び合い』日記

『学び合い』(2重カッコの"学び合い")の実践の奮闘日記です。

削る

今この本を再読しています。

p82にこんな一文があります。

 

今の教育研究者、教育実践者は「良い方法は何か?」という問いかけを様々な場面に適用しています。私もそうでした。しかし、その問いかけは誤りです。その問いかけを「誰にとっての良い方法」と考え直せば、その問いかけに無理があるのは自明です。子どもは多様であり、そのすべてにフィットする方法などはありません。

 そこで「良い方法は何か?」ではなく、「良い方法を見いだせるのは誰か?」という問いかけにシフトしました。

 

私の務める学校や地域では、人と付き合うのが苦手な生徒、コミュニケーションが下手な生徒、平気で人の嫌なことを言う生徒などがたくさんいます。

「難しい子が増えてきている」

よく話を聞いていて耳にする言葉です。

 

そんな中、ソーシャルスキルトレーニングの本を読みました。

こんなトレーニングや、こんなゲームをするところがはじめると良いということがたくさん書いてあり、とても勉強になることが多いと思いました。

しかし、「すべての子」にとってではありません。

さらに、そもそも人と関わりたくないという子にとっては有効でしょうか?

これは教科学習と一緒で、例えば理科を学びたい!と思っている子にとって様々な題材、指導方法等は有効だと思いますが、そもそもの学ぶ意欲のない子にとっては有効でしょうか?

どちらにしても、答えは自明だと思います。

 

https://www.nier.go.jp/shido/centerhp/2306sien/2306sien3_2s.pdf#search=%27%E7%95%B0%E5%AD%A6%E5%B9%B4%E4%BA%A4%E6%B5%81%27

 

国立政策研究所が出している資料でこのようなものがあります。

 

異学年合同『学び合い』の良さを存分に実感できる資料だと思います。

そもそも人間がもっている「人と関わりたい」という気持ちをどこで育てるのか?

地域の希薄化が理由だとしたら、その希薄化によって起こっていることを改善する場所はどこなのか?

対処療法ではなく、根治療法を考えると答えは自明です。

 

私は中学校の時は小規模校から大規模校に進学したので、とてもコミュニケーションを取ることに苦労しました。

そのコンプレックスを無くしたいと強く思っていたため、中学校2年生の時に合唱の指揮者に立候補しました。

そこで人前に出る経験をたくさんさせてもらって、そのコミュニケーションを取ることが困難である自分の課題を改善することができました。

でも、その指揮者としての人前に出るような経験を学校の場でできるのは一体何人なのか?

指揮者は1クラスに2人です。だとすると、5クラスだったら、10人しかできません。

私はたまたまその10人の中に入ることができましたが、その10人に入ることができない他のコミュニケーションが苦手な人たちはどこで改善することができるでしょうか?

 

「削る」ことが重要だと改めて思います。

色んな教育書に載っている方法は魔法のように聞こえます。

でもすべての子にとっての魔法ではありません。

大部分の人が幸せになる魔法ならそれで良いのかもしれません。

でも私は、全員にこだわりたいです。

子どもたちを信じ、任せ、子どもたちの一生涯の幸せを示すことができるような信念を持ち続けることが重要なのだと思います。

 

本を再読して、もう一度自分の考えも「削る」ことをしていきたいと考えました。