『学び合い』日記 in山形県

『学び合い』(2重カッコの"学び合い")の実践の奮闘日記です。

四月からの積み重ね

今、個人的に考えていることを書きます。

これは『学び合い』どうこうではなく、学級経営にも関わることだと思うのですが、四月からの積み重ねには絶対に敵わないということです。

 

私は四月からの学級経営、授業、行事、あらゆることを『学び合い』の考えで行ってきました。

 

今の時期、授業は入試対策になっています。

 

その中で進路が先に決定してしまう生徒も出てきます。

 

『学び合い』の考え方で授業をすると、この時期でも「受験は団体戦」ということを生徒たちが本気で理解して臨んでいます。

だから、私は余計なことを言わないし、授業の終わりでは「もっとこうしたら良い」ということを生徒たちに伝えるようにしています。

 

でも、もしその共通理解がない、四月からの積み重ねがないと今の時期にバラバラになることが分かりました。(他クラスの様子を小耳にはさみました・・・)

塾の勉強を頑張って、学校の勉強を頑張らない生徒たちの様子があることも小耳にはさみました・・・。

 

「私らはもう関係ないから」

 

この一言を言われてしまえば終わりだと思います。

教師は「関係なくないよ」ということの説明責任を負う必要があります。生徒たちが納得する内容で。

ここに最大のハードルがあると思うのです。

 

学校で勉強することの意味は何か?

これを本気で考える必要があるのではないかと思います。

 

上手く言葉で書くことができないのですが、四月からの積み重ねはすべて今の時期に降りかかってきます。

そのことを強く実感している最近でした。