『学び合い』日記

『学び合い』(2重カッコの"学び合い")の実践の奮闘日記です。

考えの整理

これから新学期までの期間、今までの『学び合い』の考え方の整理の意味も込めてブログに書いていくつもりでいます。

こんな時どうするか?という対処法から、課題づくり、そして、学級経営、数学の授業のことを来年度の実践に向けて書いていくつもりです。

 

今年度1年間、『学び合い』を実践し続けたことは大きな大きな自信になりました。

しかし、過信はせず、来年度につなげていかなければいけないと思いました。

 

 

1つ心境としてあるのは、去年は「申し訳ない」という気持ちでいっぱいでした。

それは私が一番頑張った、でも、思うように上手くいかず、生徒たちに迷惑をかけてしまったという気持ちが強かった気がします。

 

でも今年は、「良い集団になった」という気持ちでいっぱいなのです。

これは「自分が良い集団に育てた」とは違います。

 

生徒たちを本気で信頼して、任せると素晴らしい力を発揮してくれることを理解しましたし、その姿からたくさんの感動をもらいました。

だからこそ、このような感情が生まれたのかなと思います。

 

 

この春休み、重要です。

落合陽一さんの言う、学びのアップデートを私自身もしていきたいと思います。