『学び合い』日記 in山形県

『学び合い』(2重カッコの"学び合い")の実践の奮闘日記です。

【失敗】シンプルを目指さないこと

『』の考え方における授業で6月の時点で失敗していたことがありました。
それは、『』のシンプルな「形」を求めていたことです。
今考えると、昨年度は1年間を通して、よくシンプルな「形」での『』を実践していたと思います。(Findの福島先生のような授業です)
今年度の失敗の1つ目は、あの「形」にこだわっていたことです。あのシンプルな『』の形が全てだと思ってしまっていました。
本では理解していましたが、「形」にこだわっていたのは私自身だったと思います。


「なんとかしてあのシンプルな形にもっていきたい。」


そんなことを考えながら、4月から『』を実践していました。
でも本来、そうではなくて、あのシンプルな「形」というのは日々の『』の考え方における語りや授業の積み重ねでたどり着くものでした。自然発生的という言い方に語弊があるかもしれませんが、結果的に要らないものを取り除いていった結果、あのような「形」になるということだと思います。
また、『』の考え方における一番外すことができない「1人も見捨てない」という考え方を具現化することが一番しやすいのが、あの「形」なのだと思いました。

本では理解しても、「本通り」実践することの難しさを改めて実感した6月8日です。


そして、このことに気づくきっかけとなったのは、今年から私の学校にきた同じ数学の先生との相談(話し合い)でした。

自分から入り込むことで「得」をすることを、身をもって実感しましたし、改めて『』は教師としての生き方であることも理解する瞬間となりました。


目の前の生徒たちから意見を聞いて、「1人も見捨てない」という視点を持ち続けて授業づくりに励んでいきたいと思います。