『学び合い』日記

『学び合い』(2重カッコの"学び合い")の実践の奮闘日記です。

中体連明け

今週は中体連明けの学校でした。
休み明けの梅雨空のもと、なんだか気持ちもだるくなるような形でスタート。
蒸し暑いこの中でも生徒たちが頑張る姿を胸に、精一杯頑張らせてもらっています。
今週から新しい席での本格的な活動がスタートします。(席替えについては生徒たちが決めました)

 

私はこのクラスがスタートする一番はじめに、学級の基本方針を生徒たちにしめしています。
1:誰一人として見捨てず、毎日楽しく学べるクラスを実現する
2:みんなが納得するルールを決める
3:1と2をいかなる場合も守る

これは以下の本に書いてあることをそのまま真似させて頂きました。

 

 

しかし、非常に強力だと思っています。
生徒たちの自主性に学級の活動を任せるために、絶対的な基本方針は私が決めます。しかし、それ以外の部分については生徒たちが決めていきます。

班長になる生徒も、教師である私から声をかけるのではなく、生徒たちに任せます。
そして、「選挙」を通して班長を決め、その班長によって考案された席については、担任である私が最終決断を行います。

何でもかんでも生徒たちに任せることは「放任」と同じです。
ですが、絶対的な「軸」をもって、後出しジャンケンをしない民主的な学級経営を4月から心がけています。

ということで、6月も下旬に入ります。