『学び合い』日記

『学び合い』(2重カッコの"学び合い")の実践の奮闘日記です。

【本通り】~学力向上に向けて~

今回の本です。

 

 

今回の記事では、私(というか本に書いてあるものです)が「本気」で実践している学力向上策を記述します。

 

その策は大きく1つです。

 

結論から言うと、「本気」で生徒たちの学力を願っているかどうかです。

 

 

理由としては、生徒たちの学力の向上を「本気」で願っているのならば、なんらかの策を練ろうと、教師が「本気」で思うからです。

 

 

西川先生の本の学力向上に関する記述に、「学力を本気で向上させようと思うことが一番大切だよ」というものがあります。

「いやいや、そう本気で思うだけで、上がるわけないじゃんか…」と思う先生もいらっしゃると思います。私も最初はそうでした。

 

これは自分自身にも言い続けていることですが、

「本気」で学力の向上を願っていますか?

ということです。

 

「なんとなく上がれば良いな~」程度では絶対に上がりません。

具体例を1つ挙げれば、スポーツの指導があると思います。

例えばサッカーで、「なんとなく勝てれば良いな~」程度の指導で、チームが勝ち続けることはできるでしょうか?

選手の実力にもよると思いますが、答えは自明だと思います。

その程度の指導では、負けたときに、「このメンバーではどうしようもない」「この実力では無理だ」というように合理化するのがオチのような気がします。

 

それと同じで、学力面でも「なんとなく上がれば良いな~」程度では、「このクラスはどうしようもない」「この学校はどうしようもない」と、合理化してしまうと思います。

 

だからこそ、まずはスタート地点として、「本気」で生徒たちの学力の向上を願うことが重要なのです。

そのスタート地点を抜きにして、学力向上を議論することは不可能だと思います。

 

「テクニック入門」とありますが、この「本気」の考え方が無ければ、学力の向上にはつながらないと思います。