『学び合い』日記

『学び合い』(2重カッコの"学び合い")の実践の奮闘日記です。

【独り言】実感していること

先週から学校がはじまったわけですが、当たり前ですが「教師」って仕事は、「生徒」がいて成り立つものなんだと実感。

 

この夏は、教科というよりは、色んな教育書を読むこと、『』の本の再読に時間を使ってきた。

夏に準備してきたこと、語りたいこと、たくさんある。

やっぱり休養っていうのは、教師自身も大切なんだと思う。

休養っていうと、ただゴロゴロ休むイメージがありますが、今年の夏はとことん精読に努めてきたつもり。

まだまだ甘い、といわれたらそれまでですが、「愉しみ」がたくさんあります。

 

ランニングもほとんど毎日欠かさず行っていますが、やっぱり3日以上やり続けると「癖」になるのかと思います。

 

ランニングしないと気持ち悪いし、本読まないと気持ち悪いというレベル。

 

落合陽一先生の「Work as Life」という言葉がありますが、まさにそのような人生が過ごせると良いな~と最近つくづく思う。

 

平成最後の夏は充実したものでした。

終わってから実感しています。