『学び合い』日記

『学び合い』(2重カッコの"学び合い")の実践の奮闘日記です。

【独り言】

最近、『』について深く考えるようになった。そのため、ブログの更新も少し遅れていました…。

言い訳になるかもしれませんが、本当に最近の学校での生活は充実していて、「こんな実践をしたい」ということが次々に頭に思い浮かんできます。

 

特に授業。

 

語りの言葉も、『』関連の本を乱読したからかもしれませんが、客観的にビデオで撮ったものを見ても熱く感じる。

2年前とは大違い。

Amazonにないので添付できませんが、

「学び合いの仕組みと不思議」「心の教科指導」「学び合う教室」「「忙しい!」を誰も言わない学校」を全て読みました。

この4冊を読んで思ったのは、これらの本があって、今のたくさんの『』関連の本があるのだということ。

 

大学の時、私も臨床的に学生のインタビューをして誤答を研究してきた立場なので、分かりますが、西川先生の研究手法は本当の本当に徹底していて、凄すぎます。

「そりゃ本通りしたらこうなるわ」

ということが本から分かります。

 

プロトコル1から全て読んでみると分かります。めんどくさがらず。

 

「本通り」を強調しますが、なぜ強調するのかの理由が分かると思います。

 

今年度の個人の目標は「本通り」。

大切に1年間を過ごしたいと思います。