『学び合い』日記

『学び合い』(2重カッコの"学び合い")の実践の奮闘日記です。

自分の課題点(単元計画と評価)

自分の課題だと思うところ二点を挙げると、単元計画と評価であると思っています。

まず「単元計画」ですが、生徒に自信をもって公表するまでに至っていない状況です。ALの視点での授業を行う際に大事な評価を考えても、これができていないのは自分でも課題であると思うのですが、学校のカリキュラム状、中々思い通りに進まない点があります。

次に「評価」ですが、ここはやはりまだ3年目です。何を評価するのか?そして、どのように評価するのか?なぜそれを評価するのか?その部分がしっかりと生徒たちに伝わっているとは思えません。

この「評価」についても生徒たち全員に公表はするのですが、『』集団をリードする2割の子たちに伝わる必要があります。

 

4月から『』を実践し続ける上でも、この「評価」がかなり重要になります。

「評価」を怠ると、必ず集団の停滞につながるからです。

 

私の場合ですが、「願い」のみでは中々継続させるのが難しいです。ですから「テクニック」を用いたりもします。

ですが、あくまでも自分の「願い」を生徒たちに上手く伝わるようにするための「テクニック」であるつもりでいます。

 

実はまだ『』の考え方における授業での、各学年の1年間を過ごしたことはありません。ですから、今年の1年間はまだゴールの見えない1年間です。

地に足をつけて、一歩ずつ実践していきたいものです。

 

話は変わって、今、合唱コンクールに向けた練習期間ですが、まだ一度もクラスに注意したことはありません。これは4月からの積み重ねなのかなと思います。

 

練習にも口出ししたいけど出せない…、何というか生徒たちがあまりにも頑張るものだから、ずっとモヤモヤした気持ちが続いています。

その点を考えるとプレイヤーって良いですよね。

マネージャーとは立場が違います。

 

ということで話がずれましたが、「単元計画」と「評価」をしっかりと実施できる教師でありたいと思います。