『学び合い』日記

『学び合い』(2重カッコの"学び合い")の実践の奮闘日記です。

小説から学ぶ~一瞬の風になれ~

 

 

一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ- (講談社文庫)

一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ- (講談社文庫)

 
一瞬の風になれ 第三部 -ドン- (講談社文庫)

一瞬の風になれ 第三部 -ドン- (講談社文庫)

 
一瞬の風になれ 第二部 -ヨウイ- (講談社文庫)

一瞬の風になれ 第二部 -ヨウイ- (講談社文庫)

 

 私が高校1年生の時に出版されたこの本を最近読んでいます。

陸上の小説です。

 

私は小説は読まないようにしているのですが(読むと止まらなくなるため)、学校の図書室で目にとまったこの本たちから「読めよ」と言われているみたいで、手にとってそのまま借りてしまいました。

読んだら止まらなくなって、他の教育書をアウトプットする時間が…みたいなことになるから「読まないで返そう」とか思っていましたが、やはりそれは無理なことで、火がついたようにページが止まらなくなっている最近です。

 

 

この本の主人公の神谷という高校生がいるのですが、その高校生はもともとサッカーをやっていたんです。

でも、サッカーから陸上に転向をします。

その理由としては、中学までの自分にサッカー選手としての「限界」を感じたからとなっています。

その神谷が第2巻のp27で、体育の授業の時に久しぶりにやったサッカーについての記述が書いてあります。

 

「久しぶりにボールを蹴って、楽しかった。もうただただ単純に楽しかった。なんで、こんな楽しいことをやめちまったんだろうって思ったけど、でも、たぶん、やめちまったから楽しいんだろうな。」

 

この記述を読んで、強く共感することがありました。

 

自分の競技でも、教師としての仕事でも、今の校務分掌でも、『学び合い』の実践者としても、数学教育の勉強者としても、続けていけば、必ず壁にぶつかると思います。

その壁を乗り越えることができるか、その壁を乗り越えずに自分の限界として認めるかはその人の自由だと思います。

 

結局は、自分次第だと思います。

 

でも、やめたらやめたで、きっと別の世界が待っていると思うし、その世界を知れば、以前やってたことを「何でやめたのだろう?」と思う瞬間だってあると思うからです。

 

「やめちまったから楽しいんだろうな。」って言葉は、当時は何とも思っていなかったから分かりませんでしたが、今はとても共感する言葉です…。

 

生徒たちの語ることの1つにしたいなあって考えてます。

あと今のクラスの生徒たちに担任としての立場で語ることも数ヶ月だな~と思うと、寂しく思いますね。

 

明日からの1週間、また頑張るぞ!